HOME>トピックス>暑い作業現場で熱中症を防ぎながら快適に働く方法とは

暑さを和らげる服とは

夏等の暑い時期に建設現場や倉庫で作業をする方は熱中症になってしまうリスクがあります。薄手の生地の作業着等を着用して作業をしていても、猛暑等の非常に高温の環境下で身体を動かしていると、とても危険です。そんな時に空調服を作業服に選べば、快適に仕事ができます。空調服は服の内側にファンが搭載されているので、見た目は厚着のように見えても、涼しく行動する事ができます。空調服を着た状態であれば、冷房等を使わなくても涼しい状態になりますから、事務で働く方が着用しても、光熱費の節約を目指す事が可能です。空調服は色々な商品が販売されていますから、各自の作業現場に適した物を手に入れる事ができます。

どんな商品を選べばいいのか

空調服には色々な種類の商品が存在するので、作業現場によって選ぶべき商品に違いがあります。作業現場が高温になる場合は長袖タイプの空調服を着用すると快適です。長袖タイプの場合は手元の方まで涼しい風が通るので、手元に汗が滴り落ちてきませんから、安心して作業に集中する事ができます。運送や倉庫等で働いている方は、長袖タイプを選ぶと作業効率が落ちるので、半袖タイプの空調服を選んだ方が、動きやすいです。半袖タイプでも袖口が絞られているので、涼しい空気を逃さずに快適に作業できます。