HOME>オススメ情報>仕事場に合わせると安全性や仕事の効率がアップ

スタッフの区別に使える

作業服

土木作業や工場労働などを行う企業ではスタッフに作業着を支給することが少なくありません。もちろん、スタッフ自らが作業着を用意することもできますが、企業が支給することにはいくつかの意味があります。その一つが、スタッフを見分ける用途に使えるからです。作業場ではいろんな工程があったり、いろんな人が出入りしていますが、どの工程のスタッフなのか、外部の人なのかを全て把握するのは簡単ではありません。しかし、作業工程ごとに違うデザインの作業着を支給することで、一目で外部の人なのか、どの工程のスタッフなのかを判断することができるため、トラブルを減らし作業をスムーズにすることができます。

空調ファン付きのものが人気

作業着

もちろん、作業着そのものもとても重要で、様々な機能を有したものも登場して人気となっています。その代表格に位置づけられるのが空調ファン付きの作業着でしょう。気密性の高い衣類の一部に外気を取り込むファンを付けることで、そこから空気が入り襟や袖から出ていきます。そのことで、暑い工場内や真夏の屋外作業でも快適に仕事をできるようになるのです。スタッフのストレスを減らすだけでなく、熱中症や集中力低下を防ぐことができ仕事効率をアップすることができます。

作業場によって必要性が異なる

ツナギ

また、火傷や怪我をする可能性の高い作業場でも作業着は必要不可欠となります。仮に危険なものに触れたときでも、作業着がそれをカバーしてくれるため安心して働くことができます。そのような場合は、生地が厚くて不可燃性のものが重要です。そして、忘れがちなのは細かな作業や動き回る作業、他に農作業などでは、引っ掛かりの少ない作業服が求められています。というのも、引っ掛かりがあると物を転倒させたり、着ている本人が転倒・巻き込みなどに遭う可能性があるためです。